小説

Book

新感覚のホラー小説「夏と花火と私の死体」が、このむさ苦しい暑さを和らげる。

今年もちゃんと夏がやってきて毎日毎日ほんとうに暑いね。 最近また歳を重ねてレベルアップした夏生まれの持田です。 カフェでブラックコーヒー片手に小説を嗜むそんな大人っていいでしょ、いいですよね。とはいえこれまであまり「読書」に触...
タイトルとURLをコピーしました