令和になっても起こり続ける化学反応「CHEMISTRY」のTHE FIRST TAKEまだ観てない人は夏に取り残されるぞ、急げ!

Music

3連休最終日。
みなさんいかがお過ごしですか。
明日からの労働を思い
すすり泣くのはまだ早いから
さぁ、朝日を浴びて深呼吸しようね。

たまに食べるからこそ美味しい
朝マックをかまし心踊らせております
小夏です。

先月YouTubeの人気チャンネル
「THE FIRST TAKE」にある動画が公開されてからずっと心が休まらないって話聞いてほしいです。

THE FIRST TAKEとは


知っている人も多いと思うけど
THE FIRST TAKEは約2年前に始動し
現在登録者数500万人を超える
人気のYouTubeチャンネル。
アーティストが白いスタジオで
一発撮りのパフォーマンスをするという
シンプルかつ斬新なルール。
一発撮りと思えぬ圧倒的な実力と「1度きりのテイク」に込められる熱い想いに毎回目が離せない。
アーティストのジャンルも様々。
自分の推しの渾身のパフォーマンスを観た事がある人も少なくないだろう。
その新しい発信スタイルに誰もが固唾を呑んで堪能する、本当に無料でええんですか?な最高のチャンネルなのだ。


20年たっても色褪せない、化学反応を起こし続ける彼らの魅力

1999年大人気オーディション番組『ASAYAN』の企画「男子ボーカリストオーディション」により誕生した奇跡の男性デュオCHEMISTRY

当時私はピカピカの小学生だったが
他の番組には無い「本気」や「情熱」を感じる、泥臭く熱い男たちの戦いは強烈な印象として今でも鮮明に記憶に残っている。

1年以上に渡る戦いを勝ち抜いた2人の男、
違うタイプの2人が合わさった時に起こる予想外の化学反応。
それが由来となり名付けられたCHEMISTRYというユニット名で2001年堂々たるデビューを果たした。

なんだか長々とウィキペディアで調べれば分かるような内容を綴ってしまったけど
とにかく伝えたいのは、ものすごい倍率を勝ち抜いて歌に人生をかけてきた彼らの「1度きりの渾身のテイク」は20年分の想いと圧倒的な技術が詰まったとんでもないパフォーマンスだったって事。

絶対に後悔させない14分半のパフォーマンス、とにかく観て。

※ここからちょっと興奮状態が続くのでご了承ください。


まってまってまってまって。
もう何度も観たけど改めて観ても
2人とも40歳超えてるの国家ぐるみの冗談??
いい年のとり方の模範回答?????
2人ともお肌に何か注入してるの???


え、堂珍くん!!!
20年前もめっちゃめちゃかっこよくて世の全女子を虜にしてたけど、今も変わらぬままそこに色気が加わって顔面強すぎてうっかり人間国宝誕生しちゃってない??
というか昔は歌うときずっと目つぶってて「たまには歌ってるときの顔ちゃんと見せてよシャイボーイ!状態」だったのに大人になってちゃんと目開いて歌えるようになったの?いつから??目がキレイだね?とにかく美しすぎるね??横顔なに?現代横顔美術館とかあったら目玉の展示になっちゃうよね??
あーーー!相変わらず鼻にかかった歌声たまらなすぎるな??

そして圧倒的に歌がうまい。

え、川畑くん!?
昔どこぞのヤンキー??って感じの強面な見た目でそこから想像できない甘い声が川畑要の魅力だったよね??ヤンキー感どこに落とした?ただただエロくておしゃれで堂珍くんにない「男」っぽさをちゃんと残して大人な男に仕上がってるね??歌い方にもセクシーさが加わってただ甘いボイスなだけじゃない、、、とにかくえっちぃな??????こんな風に成長するってあの頃だれも想像できなかったよ??けしからんな!!!!

あと圧倒的に歌がうまい。

落ち着こうか。
、、、でもまだ言いたいことあるな。

開始55秒あたり
マイクテストで声出しするんだけど
この世でいちばんおしゃれでかっくいい声出しがご覧いただけます。うちの堂珍がやりました。
あと2人ともあんまりMCうまくないのも好きすぎるんだよ。
歌であんなに化学反応起こしてるのにMCでちょっとかぶっちゃったりしてなんなの愛しいな。

今回誰もが知ってる2曲を披露してるんだけど
これまでの人生でもう同じ歌を何百回って歌ってるはずなのに、歴史を感じさせず新鮮に聴ける。
こんなにも色褪せてないのはどうしてなんだろう、と考える。

そうか。
2人が出逢った時からずっと
今も歌うたびに起こる化学反応。
一瞬でも同じ反応は起こらない。
科学は今も昔も人類の想像を遥かに超えて進化し続ける。

2人がCHEMISTRYである限り
予測できない、でも心地良い
そんな化学反応をずっと目の当たりにできる。
2人のいる時代に生まれて良かったと
本気で思った、そんな14分半だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました