漫画「酒と恋には酔って然るべき」がアラサー女子に響くのなんのって

漫画「酒と恋には酔って然るべき」がアラサー女子に響くのなんのって

2021年8月22日

こんにちは。
最近また暑さが戻ってきましたね。
この気温差に全く身体がついていけていない
アラサーライターの小夏です。
このメゾン・メランコリアは私と3人の愉快なメンズ達で運営しています。
今回は、紅一点の私だからこそ紹介できる
アラサー女子の心をがっつり掴むお気に入りの漫画を紹介しちゃうね。

読むと恋がしたくなる、、よりも酒が飲みたくなる??新感覚ラブコメ

美波はるこ先生が描く「酒と恋には酔って然るべき」このタイトルに惹かれて何となく読み始めたんだけど、よくあるアラサー女子をテーマにした”こじらせ系ラブコメ”かなって正直そんなに期待してなくて。ところがどっこい完全に毎日を頑張るアラサー酒飲み女子の心を鷲掴みにする「飲酒漫画(おまけラブ)」でした。

とはいえちゃんと現実的な恋愛要素も詰まってて
なんていうかキラッキラでこんなん漫画の世界でしかありえないやろ!みたいな非現実的な漫画がちょっと苦手な私にとって絶妙なツボを刺激してくれる。

主人公が一番好きなお酒が日本酒なんだけど
作中とにかく日本酒の種類、飲み方、おすすめの酒のあて等の知識をわかりやすく親しみやすく紹介してくれていて日本酒の教科書にもなってしまう。
個人的に日本酒をとっくりに入れてレンチンするときは、とっくりの中に割り箸を立てると温度が均一になるって豆知識が好きなので熱燗好きはぜひ試してみてほしい。

主人公の松子みたいな友達が欲しい

主人公は32歳のOL、彼氏いない歴3年の松子。
日本酒が大好きで外で飲むのはもちろん一人でカップ酒を家飲みするような本物の酒好き。
これだけ聞くとなんとなくだけど男勝りで一人でも生きていけるみたいな強めな女性を想像しがちだけど、そうじゃない。美人でおおらかでちょっと天然でピュアな可愛らしい女性。まさか家でレアなお酒の開封式を1人でしながらあまりの美味しさに感動して涙するような感じにはみえないのがまた良い。

友達や同僚との飲みの席では、最大限にお酒を楽しく嗜んでもらえるように張り切って張り切りすぎてたまに暴走しちゃうけど、家飲みで丁度いいおつまみもささっと作ってくれるし、飲んでるときはとにかく楽しそうでずっとニコニコしていて、こんな女友達いたら絶対むちゃくちゃ楽しい。

ドラマ化するなら松子役は、篠原涼子がいいです。

実写化するなら、、、妄想キャステイング

主人公以外のキャラも魅力的で
あからさまに嫌な奴が出てこないのもこの漫画の推しポイントなんだけど、実写化するならこの人がいいって日々勝手に妄想しているので聞いて。

主人公松子はもう異論を認めず篠原涼子です。
松子の同僚であり良き理解者、クールビューティーな白石は吉瀬美智子。
松子の心をかき乱すマイペースな年下男子今泉は中村倫也。
突如出逢う運命の相手??大人で酒の趣味も合う伊達さんは藤木直人。

かんっぜんな主観です。

年齢とかもめちゃくちゃだけど
わたしのイメージはこれ、、、!!!!!
以上妄想の垂れ流しでした。

とにもかくにも、大人女子にもこれから大人になっていく女子にも染みるものはあるし、お酒を飲むのが今までよりもっと楽しくなっちゃうこと間違いなしなこの漫画。構えず、気楽な気持ちで好きなお酒でも嗜みながら読んでみるべし!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。