マカロニえんぴつ「はしりがき」EPがあなたの耳まで届きますように

マカロニえんぴつ「はしりがき」EPがあなたの耳まで届きますように

マカロニえんぴつが国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」の映画主題歌を担当するときいた時、ちょっと何言ってんのかマジでわからなかった。

たしかに最近のマカロニえんぴつの勢いはすごい。

発表する曲が余すことなくタイアップ案件。ライブの規模感はアリーナクラスだし、彼らの楽曲はテレビやラジオから絶え間なく流れてくる。ひとたびはっとりが呟けばいいねとリプライの嵐。まさに飛ぶ鳥をマカロニに詰めてえんぴつで貫き落とす勢い。

とはいえ、それでもまだ「いま一番勢いのある若手」の域を出ないというのが個人的な認識だったわけだけど、この度の大抜擢でその認識すら甘かったことを思い知らされた。

国民的な大人気アニメの映画主題歌起用が、若手バンドの登竜門としての深夜アニメ主題歌起用とはその意味合いが大きく異なるなんてわざわざ説明する必要はないかもしれないけど、どうやらマカロニえんぴつは、もうすでに国民的な人気アーティストの域に足を踏み入れているらしい。紅白あるぞこれ。

と、興奮気味に語ってはみたものの、結局のところ曲はどうなんだって話で、タイアップに喰われて個性が潰され有象無象に埋もれてくバンドが山ほどいる中、マカロニえんぴつの武器や個性はちゃんと生きてるのかい?その足でちゃんと立ってるかい?とやんわり心配していたんだけど。

心配御無用でした。
むしろこれタイアップ喰ってる。タイアップを自分達の新たな武器を披露するための効果的な飛び道具として利用してるまである。
しかも、持ち前の音楽性やワードセンスと共存しうるスレスレのラインで、クライアントの顔を立てつつ最高の曲に仕上げてるのが優秀すぎる。こりゃタイアップの話が途切れないわけだよ。

まずタイトルが完璧。「はしりがき」って。
尻をだしたガキんちょが主人公の青春アニメ映画の主題歌として、これ以上ぴったりハマるタイトルあるのか?

しかもしっかり「クレヨン」しんちゃんとマカロニ「えんぴつ」から「書く」という共通項を抜き出し織り交ぜる粋な言葉選び。120点満点。

タイトルのセンスの良さは当然ながら歌詞にも活きてくるわけで、グッとくるフレーズと遊び心の塩梅が絶妙。

「仮面より、起こせアクション!」とか「敵わないゾ、Oh 父ちゃんの背中」とか、そんな悪ふざけみたいな歌詞が入っても不自然にならない事態がおかしい。

語り合った友たちも
大人しくなれた大人たちも
分からないことをぜんぶ
“青春”と呼ぶことにしてます

そんな青春万能理論にハッとしてるうちにサビに突入すると、疾走感あふれるはっとりの歌声に思わず走り出したくなってしまう最強の青春ソングだから困る。

というか、ワンコーラス目からサビの盛り上がりが最高潮に達していてものすごい贅沢感。ラスサビじゃないんだから。
1サビ終わりにゴリゴリのギターがきゅるきゅるきゅういぃぃぃんって鳴ってるの聴いて「いいんですか!?」と鼻息を荒くしたよっちゃんファンは多いはず。

こんなにも出し惜しみしないで最高のメロディと演奏をぶちまけていたら、ラストまで盛り上がり切れないんじゃないかと心配してしまうマカロックはじめましてのクレしんファンもいるかもしれないけど、大丈夫。

マカロニえんぴつの楽曲は、ラストに化ける。

本当のクライマックスは、ツーコーラス目が終わると同時に始まる。うって変わった曲の展開に息つく暇もなく、より激しく唸るギターに聴覚がぜんぶ持ってかれる。

今までのサビの最強メロディにさらに最強のメロディをぶつけて無理やり融合させるように、荒々しく予想もできない変化を見せるこの「はしりがき」は、国民的な人気を得ようとしてる今もなお挑戦をやめないマカロニえんぴつの決意表明みたいだ。

そして。

いざ無駄を愛すのだ!

生き止まらないように笑うのだ

まだ  あなたには自分を愛していてほしいだけなのです

掛け替えのない日々は
掛け違いだらけだ
だからいいのか

悲しいだけが さよならじゃない

とめどない名フレーズのみだれ打ちにマカロニえんぴつの、そしてはっとりの本気が見てとれる。

そんな想いが迸る「はしりがき」を筆頭に、タイアップ曲がずらりと並ぶメジャー1stシングル「はしりがき」EP。
マカロニえんぴつの「今」が溢れんばかりに詰め込まれてる力作だから、できるだけ多くの人の耳まで届いてほしい。

「listen  to  the  radio」に「裸の旅人」と、個性が爆発する新曲がつづいて、マカロニえんぴつというバンドに出会ったばかりのリスナーへの強烈な自己紹介をかますこともできる一枚。聴き応えはバツグン。

そして配信シングルとして一足早くリリースされていた「メレンゲ」

また僕を好きになりたい
生まれ変わったりする以外で

マカロニえんぴつ史上随一と言ってもいいほどのキラーフレーズが生まれたこの曲まで収録された「はしりがき」EPは紛れもない名盤だから、買い逃すことのないよう。

またひとつステージを上げたマカロニえんぴつが、かねてより自称する全年齢対象ポップバンドとして、日本中に受け入れられる日も近いに違いない。



追伸

メレンゲの「まだ君のこと想う冬」の「君」って「黄身」?

「メレンゲの冬の唄」って、もしかしてそういうこと?

って思ったら配信リリース時のジャケット卵だし、マカロニえんぴつ、そういうとこだぞ。一生やっててくれ。

【マカロニえんぴつの他の記事】

【おすすめ】一生愛せるマカロニえんぴつプレイリスト【厳選30曲】
マカロニえんぴつの曲を厳選した【一生愛せるマカロニえんぴつプレイリスト】を作成しました。 全部で30曲入り、2時間弱のプレイリスト。Spotifyから聴くことが…
maison-melancholia.com
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。